2020.10.01ニュース

バトンズ、47都道府県の「事業引継ぎ支援センター」との連携先に選定

M&A総合支援プラットフォーム「Batonz(バトンズ)」を運営する株式会社バトンズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大山敬義、以下バトンズ)は、47都道府県の「事業引継ぎ支援センター」との連携先の一つとして選定されました。

【「事業引継ぎ支援センター」とバトンズによる連携の概要】

2020年10月1日に中小企業庁は、47都道府県の「事業引継ぎ支援センター」と連携する民間M&Aプラットフォーマーを発表し、その一つとして、バトンズが選定されました。「事業引継ぎ支援センター」とは後継者のいない中小企業の「事業引継ぎ」を支援する機関です。令和元年度の事業引継ぎ成約件数は1,176件、相談社数は11,514社と、地域における事業承継促進の役割を担っています。バトンズは、今後準備が整い次第、事業引継ぎ支援センターとの連携を開始します。

バトンズは2020年6月に組成した、公的セクターの第三者承継支援事業を人的にサポートする「公的支援機関サポートチーム」のメンバーを中心に、地域への事業承継という手段の更なる浸透を目指すべく、連携を深めていきます。

 

※全国の自治体・事業引継ぎ支援センターなど公的セクターを支援する「公的支援機関サポートチーム」を組成

https://batonz.co.jp/news/2020-6-15/

【公的支援機関サポートチーム 取締役 鈴木 安夫からのコメント】

「公的支援機関サポートチーム」は、グループ会社である日本M&Aセンターにて、公的セクターと連携し多数の成約支援を行った実績を持つ6名のM&Aアドバイザーが、バトンズに出向して組成されました。

案件登録やマッチング促進に留まらず、「バトンズ M&A大学」の教育コンテンツを無償提供し、成功事例やノウハウの共有を行うセミナーを開催するなど、積極的に公的セクターとの連携を強化していくミッションを持ったチームです。

「公的支援機関サポートチーム」は、「スピード感のある成約」というインターネットを用いたM&Aの特性を活かしつつ、安心・安全に事業承継を成功させられる社会を目指し、地域の「事業引継ぎ支援センター」と共に歩んでいきたいと思います。

【バトンズについて】

バトンズは、会社/事業のあとつぎを探すためのM&A総合支援プラットフォーム「Batonz」の運営のほか、中小企業の経営支援を行う専門家のための業務支援サービス「Batonzパートナープログラム」の提供、M&A実務を行う専門家への教育事業、M&A初学者に向けた学習ツールの開発を行なっています。

2020年10月1日現在、バトンズの累計ユーザー登録数は67,000人超、累計成約実績数は440件となっており、国内のM&A総合支援プラットフォームでは最大級です。

バトンズは、承継後のリスクを低減した安全なM&A(第三者承継)を行うことで、誰でも、どこでも、簡単に、自由に、M&Aができる社会を実現しています。

【会社概要】

会社名 : 株式会社バトンズ

所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

設立 : 2018年4月

資本金:2億7,512万円

代表取締役社長: 大山 敬義

事業内容 :インターネットを利用したM&Aマッチング/経営コンサルティングウェブサイトの企画、制作、運営及び管理/M&Aに関する各種教育

会社HP:https://batonz.co.jp/

【バトンズが提供するサービス】

Batonz(バトンズ)https://batonz.jp/

Batonz パートナープログラム https://batonz.jp/lp/expert/

バトンズM&A大学 https://batonz.jp/lp/macollege/

Batonz Ventures(バトンズ ベンチャーズ)https://batonz-ventures.jp

PREV VIEW ALL NEXT